会社を知る
  1. TOP>
  2. 企業サイトTOP>
  3. 会社を知る>
  4. 社長挨拶

ご挨拶

代表取締役社長 関 聡彦

  hakkaiの思い  

八海山の麓、自然豊かな魚沼の地より、モノづくり、人づくりを通じて、
社会に貢献するという強い思いがあります。

働く場をつくり、そこで働く人が成長できる環境をつくることで、
他がまねできないモノづくりが実現できると考えます。

常に、成長し進化をする企業、それがhakkaiです。

  3つのC  

Challenge(挑戦)、Communication(コミュニケーション)、Creation(創造)
この3つの言葉の頭文字をhakkaiでは、3つのCとして大切にします。

Creation(創造)無くして、成長、進化はありません。そのCreation(創造)を可能にするのが、
たゆまぬChallenge(挑戦)と、Communication(コミュニケーション)から生まれるチームワークです。

hakkaiは、この3つのCをモットーとし、自らを成長させていきます。

  グローバル  

hakkaiは日本企業、あくまでもグローバルネットワークの中心は日本と考えます。

"Made in Japan"テクノロジーは、日本から、タイ、中国、メキシコ、フィリピンのhakkaiの生産拠点へ伝えられます。
そして日本、タイ、中国、メキシコ、フィリピンこの5つの拠点より、お客様の必要とする製品を、お客様が必要な場所へとお届けします。

また、異文化と共にモノづくりを実践する経験は、人を大きく成長させます。
モノづくり、人づくりにもグローバルな環境は欠かせません。海外の生産拠点としての重要性もありますが、hakkaiはそれにプラス人材成長の場としても海外拠点を考えます。

  人  

企業は人なり。人無くして会社はありません。また、会社なくして雇用もありません。

雇用の場を創造し、そこで働く人が成長できる環境を作る。
これが会社が社会に貢献する一番の責務と考えます。

3つのCを通じて、"Made in hakkai"の"人財"は、社会に貢献していきます。

  人のため、社会のため  

hakkaiは多くの人にお世話になっています。

お客様、サプライヤー様、地域の皆様、パートナー様、従業員の皆様、こういった方々に何ができるのか、hakkaiは常に考え続けます。
企業としての使命は、人のためになっているか?、社会のためになっているか?、これがスタートです。そして、その活動に終わりはありません。

社会にとって必要な企業で有り続ける為に、hakkaiは今日も考えます。

代表取締役社長 関 聡彦