海外拠点

“Made in Japan”テクノロジーは、日本から、
タイ、中国、メキシコ、フィリピンの hakkai の生産拠点へ伝えられます。
そして日本、タイ、中国、メキシコ、フィリピン、
この5つの拠点より、お客様の必要とする製品を、お客様が必要な場所へとお届けします。

タイ工場

ハッカイ プレシジョン タイランド
– HAKKAI PRECISION (THAILAND) CO.,LTD. –

2004年に設立してから10年以上。hakkaiグループ最初の海外拠点。
日系企業も多いタイでは、幅広い製品供給を行い、グループ内でも安定した売り上げを誇っています。
近年は、自動車部品への参入も始まり、またELSOLとの共同プロジェクトで巻線加工への取り組みも行うなど、常に挑戦を続けています。

中国工場

八海精密成型(蘇州)有限公司
– HAKKAI PRECISION (SUZHOU) CO.,LTD. –

中国南部にある水の都・蘇州に2011年設立。
設立から3年以上が経ち、今後の成長・飛躍が期待される拠点です。
福利厚生として社員旅行を行うなど、社員同士の仲も良いです。
まだまだ発展途上という事もあり、現地スタッフが日本本社に研修に来るなど、国を超えたコミュニケーションにも積極的です。

フィリピン工場

エルソル エレクトロニクス デバイス フィリピン
– EL SOL ELECTRONICS DEVICE PHILIPPINES INC. –

コイル巻線加工及び組立加工を主に行う、2014年にグループ会社となった拠点です。
現地スタッフ600人以上と、hakkaiグループでは最大規模。
成形から巻線までの一体生産が行えるようになったのは、EL SOLとの協力体制の成果です。

メキシコ工場

ハッカイ・メヒコ・エセ・ア・デ・セ・ヴェ
– HAKKAI MEXICO S.A. de C.V. –

hakkaiグループ初の、アジア圏外での拠点。
2016年春より本格稼働です。自動車産業が盛んなメキシコは、今後の製造業界において重要なキーとなる市場であり、進出は県内企業としては先駆けです。
hakkaiグループが、より幅広い技術を生み出し世界各国のお客様へ製品をお届けするための、飛躍となる場所です。